AGA治療薬の種類を知る|AGA治療で発毛効果をGET!悩める薄毛問題を早急に解決

AGA治療薬の種類を知る

毛髪サイクル

定番!フィナステリド薬

男性ホルモンのテストステロンと5αーリダクターゼの結合を阻害し、AGAの原因であるジヒドロテストステロンの発生を阻害する、フィナステリドという成分が含まれている治療薬です。代表的なものはプロペシアとよばれるもので、フィナステリドを1ミリグラム含んだプロペシアを1年間飲み続ければ58%、2年間飲み続ければ68%、3年間飲み続ければ78%が改善効果を実感しています。

より高い効果がある!デュタステリド薬

デュタステリドという成分が入っているザガーロというAGA治療薬は、プロペシアよりも高い効果があると言われています。テスタステロンと結合してAGAの原因となるジヒドロテストステロンとなる5αーリダクターゼには1型と2型があり、プロペシアなどのフィナステリド薬は1型しか抑えられないのに対し、デュタステリドは1型も2型も抑える効果があるので、より発毛効果が高いです。フィナステリド薬の1.6倍もの発毛効果があると言われています。

安価なジェネリック薬

インターネットなどでは、リーズナブルな価格で購入することができるジェネリック薬も販売しています。個人輸入代行業者などを利用して購入することができますが、医師から用法用量の指導を受けられないという点や、効果の無い偽物などが出回っているという点を考えると、リスクの高い選択肢であると言えます。近年は、名古屋などにあるクリニックでもジェネリックのAGA治療薬を扱っているところもありますので、コスパを求めるのであればクリニックのジェネリック薬を処方してもらいましょう。

AGA治療薬に関するよくある質問

副作用はありますか?

AGA治療薬は、まれに勃起不全や性欲減退といった副作用が見られることもあります。しかし、安全性が確認されている薬で、大きな健康障害を招くこともありませんので安心して服用することができます。どうしても不安であれば医師と相談したうえで服用しましょう。薬での治療が難しい場合は、ヘッドスパなども選択肢に入れられるので、諦めなくてもいいですよ。ヘッドスパは発毛に良いとされているので、利用している男性はいます。

飲めない人はいますか?

安全性が確立されているのは20歳以上の成人男性となっていますので、20歳未満の方や女性は飲むことはできません。特に女性の場合は肌に触れるのも禁忌となっていますので注意しましょう。また、ケトコナゾールなどの薬を飲んでいる方は服用する際に注意が必要となります。更に、肝機能障害を持っている方は服用を薦められない場合もあります。このようなこともあるので、用法容量について必ず医師に相談しましょう。

どれくらいで効果が出ますか?

効果がでる早さに関しては個人差がありますので、一概にどれくらいで出るとは言えません。しかし、飲んですぐに生えてくるという訳ではありませんので、まずは半年を目安に始めてみて、体の変化があるかどうかを確認してみましょう。