薄毛の症状が発生する仕組み|AGA治療で発毛効果をGET!悩める薄毛問題を早急に解決

メカニズムを知ればスッキリ納得!

なぜ男性は薄毛の症状が出ている人が多いのに、女性は薄毛になっている人が少ないのでしょうか。それは、AGAの症状がおこる原因に理由があります。こちらでは、AGAが起こるメカニズムや、治療方法について紹介していきます。

薄毛の症状が発生する仕組み

男性

AGAの原因となるのは男性ホルモンの「ジヒドロテストステロン」

男性の体にはテスタステロンとうい男性ホルモンが存在しており、男性らしい体つきを作る働きをします。テスタステロンが頭皮にある5αーリダクターゼという酵素と結合することによって、ジヒドロテストステロンという男性ホルモンが発生します。AGAは、このジヒドロテストステロンによって引き起こされます。

育毛サイクルを乱すジヒドロテストステロン

髪の毛は、髪が成長する「成長期」と、髪の成長が止まる「退行期」と、毛が抜けて新しい毛が生えてくる「休止期」という三つの時期を繰り返しており、これを育毛サイクルといいます。ジヒドロテストステロンが頭皮に発生して毛乳頭に侵入すると、髪の毛の育毛サイクルを乱してしまいます。髪が成長する成長期を短くするので、徐々に髪の毛が細くなってしまい最終的には抜け落ちて生えなくなってしまうのです。

男性ホルモンの影響を受けやすい場所が薄くなる

男性の薄毛は、頭頂部が薄くなるO型と、額が後退するU型やM型などがあります。生え際や頭頂部は男性ホルモンが多くあり影響を受けやすい為、薄毛の症状がでやすいです。逆に、側頭部は男性ホルモンの影響を受けづらいので、最後まで残っていることが多いです。また、女性にAGAの症状が見られないのは、男性ホルモンが少ないからです。

AGA治療薬のメカニズムとは?

AGA治療薬として有名なプロペシアにはフィナステリドという成分が含まれており、フィナステリドはテスタステロンと5αーリダクターゼの結合を阻害し、ジヒドロテストステロンの発生を抑えることができます。このように、AGA治療薬はジヒドロテストステロンの発生を抑える効果があるので、AGAの症状に効果があり発毛を促します。

AGA以外の薄毛もあるので要注意!

男性の薄毛の多くはAGAが原因ですが、中には他のことが原因で起こることがあります。ストレスで脱毛の症状が現われることもありますし、びまん性脱毛症という症状もあります。そのような薄毛や脱毛の場合は、AGA治療薬を服用しても効果は期待できませんので、まずは自分の薄毛の原因を把握しておきましょう。東京や大阪や名古屋などの大都市には有名なAGA治療クリニックがありますので、そのようなクリニックで診察してもらうのが最も確実です。