薄毛は適切な治療で改善できる!

成人男性の4人に1人が薄毛の症状に悩まされていると言われています。薄毛の症状が出始めて何かと対策をしてもなかなか効果が出ずに、「遺伝のせいだから」と諦めてしまう方がほとんどです。しかし、男性の薄毛は男性ホルモンによって引き起こされるAGAという症状で、適切な治療を行うことによって改善することができます!こちらではAGAの治療方法や薄毛を改善する方法について紹介していきます!

AGAを改善する5つの方法とは!?

食生活の改善

忙しいとついつ外食やファーストフードやインスタント食品が中心の食生活になってしまいがちです。このような食品生活を送っていると、髪の毛を作るのに必要なたんぱく質やミネラルが不足してしまい薄毛の原因となってしまいます。また、このような食事は脂っこいので脂質過多になります。それによって頭皮から分泌される皮脂の量が増えてしまい、毛穴の詰まりに繋がります。日々の食生活を見直すこともAGAの症状を改善するのに大切です。

運動習慣を身につける

食事で摂取した栄養は、血液によって血管を巡り頭皮まで届けられます。運動をすると血行が促進されて頭皮により多くの栄養を届けることができますので、運動は非常に重要です。激しい運動ではなく、長続きする運動を毎日少しづつ続けていくことを心がけましょう。

AGA治療薬を服用する

AGA治療を専門に行っているクリニックで処方されているAGA治療薬を服用するという方法です。発毛を阻害する男性ホルモンの発生を抑えることによって、薄毛を改善することができます。東京や大阪や名古屋や博多といった大都市には数多くのAGA治療クリニックがありますので、最寄りのクリニックを見つけて治療へ行きましょう。

育毛剤を使用する

市販されている育毛剤を使用してもなかなか効果を得られなかったという方も数多くいますが、中にも、AGAに効果が認められているものもあります。ミノキシジルという成分は血行を促進して薄毛を改善するという効果が認められています。育毛剤を購入するのであれば、ミノキシジルが配合されている育毛剤を購入するようにしましょう。

植毛をする

人工毛や、AGAの症状が現われにくい側頭部の髪の毛を、薄毛が進行している部分に植毛するという方法です。人工毛は即効性がありすぐに理想のヘアスタイルになれますが、メンテナンスの費用が高かったりアレルギーのリスクがあったりといったデメリットもあります。自毛を植毛した場合、定着すれば自然毛と同じように生えてきますのでメンテナンスも必要ありませんが、施術の際に切開をするのでダウンタイムなどが必要になります。

おすすめなのはAGA治療薬!

AGAの原因となる男性ホルモンを抑えらえるAGA治療薬は、より短期間で高い効果を実感することができる治療方法です。メインの対策としてAGA治療薬を服用して、より効果を高める為に生活習慣の見直しや育毛剤を使用するという具合で実践してみましょう。これらで効果が出なかった時に、植毛にチャレンジしてみるとよいかもしれません。

オススメの記事一覧

男性

薄毛の症状が発生する仕組み

AGAはどのようなメカニズムで発生するのでしょうか?また、AGA治療薬はどのように作用して薄毛を防ぐのでしょうか?こちらではAGAやAGA治療薬のメカニズムについて紹介していきます。

READ MORE
抜け毛

超優良クリニックをみつけよう!

AGA治療薬を処方しているAGA治療クリニックは数多くあります。どのクリニックを選べば良いかついつい迷ってしまいがちですので、こちらではクリニック選びのポイントを紹介していきます。

READ MORE
毛髪サイクル

AGA治療薬の種類を知る

AGA治療薬と一口に言っても、様々な種類がありそれぞれで特徴が違います。自分に合うAGA治療薬を見つけるためにも、それぞれの特徴について把握しておくようにしましょう。

READ MORE

AGA治療薬を実際に使った方の感想

使い始めてから半年ほどで発毛効果が見られました!(39歳 男性)

20代後半の頃から額が後退し始めて、30歳を過ぎたあたりから抜け毛がどんどん増えてきて、焦っていろいろ試しましたが全く効果なし…。そんな時、わらにもすがる思いでAGAクリニックに行って、プロべシアを処方してもらいました。半年ほどで抜け毛が減って、徐々にボリュームが出てきたように思います!

薄毛の進行が止まった!(25歳 男性)

大学生の頃から抜け毛が増えてきて、だんだん地肌が目立つようになってきました。若ハゲは絶対に嫌だ!ということでAGA治療薬を飲み始めたんですが、薄毛の進行が見事に止まりました!本当に感謝しています。

最初からAGA治療薬にしておけばよかった…(41歳 男性)

薄毛がコンプレックスで、これまで色んな育毛剤を試してきました。多少効果があったものもあったものの、値段が高くコスパが悪かったため続けられず。AGA治療薬は育毛剤よりも安い価格で治療ができて効果も感じられるので、最初からAGA治療薬にしとけばよかったと後悔しています。

遺伝のせいだと諦めなくてよかった!(38歳 男性)

私は父方も母方も両方ハゲの家系で、親戚一同ほとんどがハゲています。私もそのレールに乗るのか…と諦めかけていましたが、最後に試してみようとAGA治療薬を試してみたら、発毛効果がみられて薄毛を改善できました!おかげで親戚の集まりの時には浮いてしまっています・・・笑 本当に諦めなくてよかったです。

AGAには進行パターンがある

鏡を見る人

自分のAGAの進行パターンを把握しておこう!

人によって、AGAの症状が見られる場所は違います。こちらで代表的なAGAの進行パターンを紹介しますので、どのような進行パターンがあり、自分の進行パターンはどれなのかを把握しておきましょう。

U字

額がどんどん後退していくタイプの薄毛で、Uの字に生え際が後退していきます。バーコードハゲと呼ばれるような状態の薄毛もU字ハゲの一種で、江戸時代の侍がちょんまげを切ったような見た目になります。

M字

U字と同じように、額が後退していく薄毛ですが、中央部分を残して両サイドが後退していくのが特徴です。剃り込み部分の角度がどんどんきつくなるようなイメージだと理解しやすいかと思います。

O字

頭頂部が薄くなっていくような症状で、つむじの部分の地肌が見えるようになります。Oの字のように円形に薄毛が広がっていき、面積がどんどん大きくなります。M字やO字タイプと複合して起こる場合もあります。